規約


(目的)

第1条 本会は、会員相互並びに他団体との情報及び意見交換等を促進することにより、会員の資質向上をはかる。

(名称)

第2条 本会は、兵庫県中小企業青年中央会(略称:兵庫県青年中央会)と称する。

(事務所の所在地)

第3条 本会は、事務所を兵庫県中小企業団体中央会内に置く。

(事業)

第4条 本会は、第1条の目的を達成するため、次の事業を行う。

     ・会員に対する各種情報の提供

     ・会員が実施する自主研修の促進

     ・会員相互間及び他団体との情報交換の促進

     ・兵庫県中小企業団体中央会の実施する事業への協力

     ・その他第1条の目的を達成するのに必要な事業

(会員の資格)

第5条 本会の会員たる資格を有する者は、次の各号のいずれかの要件を備える者とする。

     ・兵庫県中小企業団体中央会の会員組合において設置されている青年部

     ・前号に準ずる団体で本会が特に認めた団体

(加入及び退会)

第6条 会員たる資格を有する者は、本会の承認を得て加入することができる。

 2 会員は、あらかじめ本会に通知したうえで、事業年度の終わりにおいて退会することができる。

(経費の賦課)

第7条 本会は、その行う事業の費用に充てるため総会の議決を経て会員に経費を賦課することができる。

(役員の定数)

第8条 本会に次の役員を置く。

     ・会長     1名

     ・副会長   4名

     ・幹事     8名以上12名以内

     ・監査     1名又は2名

(役員の任期)

第9条 役員の任期は2年とする。

(役員の職務)

第10条 会長は本会を代表し、会務を処理するとともに、役員会を招集してその議長となる。

 2 副会長は会長を補佐し、幹事は会長及び副会長を補佐して会務を処理する。

 3 会計は、本会の財務に関する事項を処理する。

 4 監査は、本会の財務状況を監査し、その結果を総会に報告する。

(役員の選挙)

第11条 役員の選挙は、総会において、投票又は推せんにより行う。

(総会の招集)

第12条 総会は、通常総会及び臨時総会とする。

 2 通常総会は、毎事業年度終了後遅滞なく、臨時総会は必要があるときは何時でも役員会の議決を経て、会長が招集する。

 3 前項の招集は、会日の10日までに到達するように、会議の目的たる事項並びに日時及び場所を記載した書面で各会員に発してするものとする。

(総会の議事)

第13条 総会の議事は、会員の半数が出席し、その議決権の過半数で決するものとする。可否同数のときは、議長の決するところによる。

(総会の議決事項)

第14条 総会においては、次の事項を議決する。

     ・規約の変更

     ・事業計画及び収支予算の設定

     ・決算関係書類の承認

     ・役員の選挙

     ・その他役員会が必要と認めた事項

(役員会の議事及び議決事項)

第15条 役員会の議事は、役員の過半数が出席し、その過半数で決する。

 2 役員会においては、次の事項を議決する。

     ・総会に提出する議案

     ・その他役員会が必要と認める事項

(顧問及び相談役)

第16条 本会に、顧問及び相談役を置くことができる。

     ・顧問     1名

     ・相談役 1名

(事業年度)

第17条 本会の事業年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わるものとする。